ちがう ちがう!! でも 慎め 慎め。。。

今日は、先日頂いた 或る『五重相伝』の勧誡講録を読んだ

『五重相伝』とは浄土宗だけのもので、
1週間、もしくは5日間かけて 法然上人が教えて下さった阿弥陀仏の本願念仏を了解してもらうものである。

有り難いことで、改めて五重相伝の大切さを実感させていただいた。


しかし・・・残念なことに間違っている。

どうしてだろうか。。。阿弥陀仏はこの有限の宇宙を総括した呼び名ではない。


正しい本願の念仏を 原因と結果の因果関係で言うならば、

南無阿弥陀仏と称える → 西方極楽浄土に往生する

である。


西方極楽浄土という仏の世界は 僕らの六道輪廻する世界とは全然違う世界。


阿弥陀仏の名前を称えることが、この世の因果関係に感謝すること では全くない。


因果関係が成り立つ私たちの六道輪廻する世界では、大切なのは

笑顔、工夫、学ぶ姿勢、与える、などを実践して、善徳を積むことではなかろうか。


しかしこの因果の世界をお釈迦様は

「苦しいでしょ」  

とおっしゃった。

それはこの世の真理で 逃げられない現実がある。病気、老い、そして死。


だから、だから、だからこそ、
仏の世界に生まれる理由がある。

南無阿弥陀仏を称えて極楽に往生せねば、我々はどうなるものか


それをまずは他の誰でもなく 自分がいただく。

まずは自分。


恐れるべきは分かりかけてきた時の 自身の内にある慢心である


このどうしようも無い 微妙なことで揺れ動く私の気持ちを 
フラット(中道)に戻すための 托鉢行、トイレ掃除などの下坐行。

色んな方とのご縁で 何事からも学ばせて頂く姿勢が身に付いた。
今だからこそ違いが分かる。

違いがハッキリと分かる喜び。

だからこそ 慎め、慎め


念仏:2万2000遍

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック