メルマガ『致知』 東井義雄著/『自分を育てるのは自分』

今日は私が登録している 『致知』のメルマガから引用です


■今週の名言
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「ほんもの」と「にせもの」は
見えないところの在り方で決まる

それだのに  「にせもの」に限って
  見えるところばかりを気にし
  飾り 
ますます  「ほんとうのにせもの」になっていく
東井義雄(教育者)    
        月刊『致知』2009年1月号
              ~特集「成徳達材」より~        
http://www.chichi.co.jp/monthly/200901_index.html

………………………………………………………………………………

 国民教育の師父・森信三師にして
 「教育界の国宝」と言わしめたのが東井義雄先生です。

 東井先生の教えを思い返すと、
 あいさつをきちんとするとか、
 乱れている箒を整頓するとか、
 当たり前のことを当たり前にすることを教わった 
と、その薫陶を受けた教え子の方は語っています。

 そんな東井先生がいつも繰り返しおっしゃっていた言葉 ――。


 「自分が自分の人生の主人公」
 「自分を育てるのは自分」

 東洋思想では繰り返し「慎独」の大切さを説いています。

 人の目のないところでも、 自分を律することができるのか、という意味です。

 休みだからといってお日様が高くなるまで寝てはいないか?
 見なくてもいいテレビをダラダラ見てはいないか?
 (うーん、耳が痛いですが、自分への戒めとします……。)

 一人で過ごす時間を大切にすることが 自分で自分を育てることであり、
 ホンモノとニセモノへの別れ道と心したいです。


■不思議と静かに売れています!

 東井義雄著/『自分を育てるのは自分』
 http://www.chichi-book.com/book/popular/1001.html




本当に耳が痛い言葉です。

自分を律するのが、実は一番難しい。

明晩は必ず 寒行にまいります
(会計の都合を理由に さぼりが続いていました。。。すみません)


念仏:6000遍

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック