メルマガ「●名言セラピー【「OH MY GOD!」の語源 」 からの引用

──────────────────────────────────

名言セラピー
- meigen love

──────────────────────────────────

それは、はるか昔のことじゃった。


カミサマは、ある日、突然ひらめいたんじゃ。


電撃的なアイデアを!


それは……

「Theベースボール!」


まだこの宇宙に野球という概念がないときに、野球という球技をひらめいたんじゃ。

野球したいなーって(笑)


カミサマは野球という球技を思いつき、早速野球をやろうと試みたんじゃ。


カミサマに不可能はない。
想像したことはすぐに実現する!


しかし!


カミサマは、ここで、こう叫んだ。


「OH MY GOD!」


不可能などないはずの無敵のカミサマは困った。


自分には野球ができないことに気づいたんじゃ。


これまですべてを創造してきた無敵のカミサマであったが、
野球だけはできないと気づいたんじゃ。


この宇宙、すべては、自分だから(笑)


ちなみに、

「OH MY GOD!」(オウー・マイ・ガー)の語源は、ここに由来がある。


野球には
ピッチャーもキャッチャーもファーストもセカンドもサードもショートもライトもセンターもレフトも必要です。

しかし、この宇宙にいるのは、ワンネス、カミサマただひとり。


ひとりしかいないのに野球はムリじゃ。


しかし、幸いだったのは、
カミサマの愛読書が漫画の「スラムダンク」だったことじゃ。


「スラムダンク」に書かれていた
「あきらめたらそこで試合終了です」
という名言をカミサマは思い出したんじゃ。


あきらめなかったカミサマは、ひとりでも野球をするナイスアイデアを思いつくんじゃ。


「分離」じゃ。


自分を分離させて、様々なキャラを生み出す方法を思いついたんじゃ。


このとき、カミサマは、こう言ったという。



「なんてすばらしいアイデアなんだ。ひょっとしてオレはカミか?」


これが宇宙最初の「自画自賛」じゃ。


カミサマは自分を分離させて、

ピッチャーもキャッチャーもファーストもセカンドもサードもショートもライトもセンターもレフトも生み出した。


グランドもボールもグローブもシューズも創造するなんておてのもの。


これで野球ができる!

カミサマは、「野球!野球!野球!」と、はしゃぎにはしゃぎまくり
キャッチャー、ファースト、セカンド、サードと次々にポジションにつかせた。


よし、いよいよ野球を始めるぞと思ったときに、
カミサマは凍りついたんじゃ。





て、て、て、敵がいねえ。



ちなみに名古屋の熱田神宮には、
「はしゃぐな」という意味のメッセージが
おみくじで出ることがあるが、
このときのカミサマのはしゃぎぶりをたしなめたことがその由来である。



話を戻して、
カミサマはここで、人生最大の悩みに直面したんじゃ。


このとき、カミサマはこうつぶやいた。


「味方を創造するのはいい。
しかし敵を創造するのは、ちょっと抵抗あるっす」





しかし、敵がいないことには野球ができない。

そこでカミサマは「ここは飲まなきゃやってらんない」と酒をかっくらい
ついに敵を創造することを決断したんじゃ。

このとき飲んだお酒が、「テキーラ」の由来じゃ。




こうして、敵が現れて、いよいよ野球の試合が始まるその瞬間、
カミサマはまた凍りき、



こう叫ぶんじゃ。



「審判、作り忘れた!!!!!」












これが「最後の審判」のほんとうの由来じゃ。






カミサマは遊びたかったんじゃ。

だから、昔は、「遊ぶ」という動詞には
「神」しか主語につけれんかったんじゃ。


以上が、人類が創造された神話のぶっちゃけ話じゃ。



あんな、
最後にひとつキミへのメッセージじゃ。


「いい悪い」じゃのうて
「役割」なんじゃ。



嫌な人は、この宇宙を遊ぶために欠かせない「役割」なんじゃわ。


敵がいないサッカーは
敵がいない野球は
障害のない人生は
視聴率ゼロなんじゃわ。


キミの心の中にも、受け入れたくない自分(「敵」)がいるはずじゃ。
でも、その敵がおるおかげで心は豊かに熟成され
キミの人生は「素敵」になるんじゃ。


そこんとこ、よろしくな。



ひすいこたろうでした(^^♪
hisuikotaro@hotmail.co.jp
 ▲▲▲アリガ島▲▲▲

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック