寒行 開始   寒い中での幸せの種まき

今年一回目の 寒行を始めました


夕方5時から いつもの托鉢のコースを歩きます。


左手にはお布施で購入した 「提灯(ちょうちん)」 をもちます。


ろうそくの明かりを提灯の中に灯し、裸足にわらじで参ります。


そもそもこの寒行は 「寒の入り」である1月5日から始まります。

1月5日~19日が小寒(しょうかん)

1月20日~2月2日までを大寒(だいかん)


そして2月3日に「節分」を迎え、豆をまいて鬼を払い、福を呼びます。

春を招く準備です。


この「節分」がいわゆる 寒さから暖かさへの1つの節目となります


昔からこの節目が一番寒く そんな時にあえて身と心を引き締めます。

それが寒行です。


私も春を迎えるために 心を鍛えます。  正念場です


暗い夜道で 提灯に明かりを灯すように

布施行によって 皆さまの中にある 慈悲の心が煌々と輝きますように☆

"寒行 開始   寒い中での幸せの種まき" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント