6月11日 古川事務所第8回心を磨くトイレ掃除 & おばあちゃんの病院へみんな集合



まずおことわり。。。


明日から2泊3日間


長野県松本市まで 野口先生のご指導で座禅断食へ3回目の参加をしてきます。



明日は朝から食事抜きで 松本へ向かいます。


そのため この記事も サササァ~っと書いていますので、


本日の内容の詳細は後日書きますね☆


-------------------------



さて 今日は朝から 内容の濃い一日でした。



まずは早朝8時より


国会議員の古川元久さん事務所企画の


「心を磨くトイレ掃除体験会」




約2時間30分でしたが


今日は素晴らしかった☆ 全部がよかったと思っています。




まずは古川さんがいらしたこともあって 最初から雰囲気が良く


さらには15名の参加であったものの


玄人の 便教会の高野先生、掃除に学ぶ会の大塚さん


そして 少しずつ経験を重ねられて熱心に求めておられる 中日本興業の社員さん、学生さん


最後に初参加の女性陣、そして高校生と小学生




メンバーもほどよかったこともあり、


私の言葉がけも 正直 よかったと自信をもてました。


実は3日前から どんな掃除になるかをイメージをして


ボイスレコーダーに録音しながら



この掃除の目的とするところ、


そのための方法としての凡事を徹底すること などなど


を 話す練習を積み重ねて今日に臨みました。 これがよかった☆





お写真を載せたいところですが、


これは後日のせます






そしてお昼からは おばあちゃんの病室へ


これで2回目です。



今日はたくさんの親戚が来ていました。



その理由は、、、 おばあちゃんが痛み止めの注射を打つためで、


この痛み止めを打ってしまうと


残念なことに意識がなくなります と言われたためでした。



京都からも 大垣からも娘連中が集まり、滋賀からは弟さんもいらして



みなで記念撮影をしたり、みなで体をあたためてあげたり、、、



意識がなくなると言われたおばあちゃん。




でも


「おばあちゃん  おばあちゃん」と呼ぶと


閉じていた目を開けて


「、、、うん うん」


とうなずいてくれる





みんな それぞれが思うところがあって


最後になるからもしれないおばあちゃんとの会話を楽しんだんだ






みなが帰ってから 少しの間 僕と2人きり




「おばあちゃん 今日はね 朝からね トイレ掃除をね してきたんだよ


 たくさんの人が来てくれたんだよ」



目を開けて


「うん うん」



そして 目を閉じる




あとはひたすらに 耳元で

「なむあみだぶつ」

「なむあみだぶつ」

「おじいちゃんが 迎えに来てくれるからね 安心するんだよ」

「なむあみだぶつ」




金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)さまの「山越えの阿弥陀佛」を病室に奉り、


ひたすらに体を温めながら 往生極楽をお願いしました






思えば おばあちゃんに僕の成長する姿を これからも見せたかった。




僕の一番の味方




お見舞いは正直怖かったんです


京都の中井さん 長徳寺の兄弟子秀明さんが背中を押してくれました




後悔はしたくないので おばあちゃんの姿


ちゃんと心に焼き付けます




んなことでぇ 明日から松本にて


座禅断食 いってきま~す



 感謝合掌 ばいば~い☆



画像

"6月11日 古川事務所第8回心を磨くトイレ掃除 & おばあちゃんの病院へみんな集合" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント